レジの画面

飲食店向けのPOSレジの特徴とは?

レジスターの機械をコンピュータと接続させたPOSレジが登場した当初は、スーパーやコンビニなどの小売店を中心にシステムが導入されていました。近年ではレストランや居酒屋・ラーメン店・スナックなど、飲食店でPOSレジを導入する例が増加中です。
飲食業界にもPOSレジが急速に普及している背景には、飲食店に特化したPOSレジの進化があります。
小売店向けのPOSレジは膨大な種類の商品を登録する必要があるため在庫管理も含めて機能が複雑化し、導入に手間がかかるという問題点が指摘されていました。飲食店で扱う商品の種類は小売店と比べて圧倒的に少ないため、従来のPOSレジシステムではオーバースペックです。
飲食POSレジと呼ばれる新しいタイプのPOSレジは主にタブレット端末を使用し、小売店向けよりシンプルに作られています。現金の出し入れを行うキャッシュドロアやレシートを印刷するプリンタは周辺機器としてPOSレジから独立し、必要に応じて連携される仕組みです。販売情報の収集や売上管理といった本来の機能はそのままに、オーダーシステムとの連携など飲食店向けの機能が強化されている点も飲食POSレジの特徴として見逃せません。こうしたPOSレジを導入すれば面倒な顧客管理やポイント管理も一元管理できるようになり、飲食店の業務効率化につながるのです。

イチオシ

飲食店ならPOSレジの導入で売り上げを伸ばそう

今では多くの様々なお店で導入されているPOSレジですが、その一番の要因は何といっても販売と同時に売り上げの情報が蓄積され、管理できる点でしょう。わざわざその日の売り上げから販売品目を抽出したりする手間が省けるわけですから、業務もかなり効率化できます。データが瞬時に蓄積されますので、そのデータをもとに分析することも…

MORE

飲食店向けのPOSレジの特徴とは?

レジスターの機械をコンピュータと接続させたPOSレジが登場した当初は、スーパーやコンビニなどの小売店を中心にシステムが導入されていました。近年ではレストランや居酒屋・ラーメン店・スナックなど、飲食店でPOSレジを導入する例が増加中です。飲食業界にもPOSレジが急速に普及している背景には、飲食店に特化したP…

MORE

多彩な機能を備えるPOSレジの魅力について

レジで来店客が会計を行うと同時に販売情報がコンピュータで集計され、データとして一元管理可能になるのがPOSレジと呼ばれるシステムです。今や多くの店舗が導入するPOSレジにはスーパーやコンビニ等の小売店向けと、レストランや居酒屋など飲食店向けの2種類に大きく分けられます。小売店向けPOSレジの方が歴史も古く…

MORE

POSレジなら販売情報をデータ的に管理することが可能

飲食店がさらなる売り上げアップを目指す時、レジ機能を充実させることも場合によっては考えていかないといけないです。レジ機能の充実はどうしても後回しにしてしまいがちですが、売り上げアップを目指すなら無視はできません。たとえば飲食POSレジの導入が、売上アップにつながる場合もあります。POSレジの長所とは、販売…

MORE

記事リスト